『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『Let's get together to catch up!』
Let's get together to catch up!


これは友達同士でよく使う表現です。
"catch up"は「新しい情報を知る」と言う意味があり、しばらく会っていなかった友達に"Let's get together to catch up!"と言うことで、「会って話そう!(近況報告しよう)」と言う意味になります。


例①
A: I haven't seen you for ages!
久しぶりだね!
B: Yeah, I know. Let's get together to catch up some time!
ホント久しぶり!今度会ってゆっくり話そうよ!


このような感じです。
これは本当によく使う表現!電話で久しぶりにしゃべる友達に、久しぶりに会って話そうよ!と言いたいときにも使えます。
ぜひぜひ使ってみてください!


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★



スポンサーサイト
【2005/09/29 21:46】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(2) |
『It was just a blink of an eye.』
It was just a blink of an eye.


"blink"は「まばたき」と言う意味です。
これは目の瞬きの様に一瞬の出来事を表現するときに使います。"It was just a blink of an eye."で、「それはまさに一瞬のことだった」と言う意味です。


例①
A: I saw a shooting star last night.
昨日の夜流れ星見たよ。
B: Did you make a wish?
願い事した?
A: No, I couldn't. It was just a blink of an eye.
できなかったよ。だって一瞬だったもん。


例②
A: What happened?
何があったの?
B: I can't remember. Because it was just a blink of an eye.
思い出せないよ。一瞬だったから。


最近の出来事を話すときとかに、ひょっとしたら役に立つかな?と思います。
言葉の使い方・表現一つで、その話がもっともっと面白くなったり楽しくなったり、伝えたいことをもっとよく伝えられるようになります。
始めは難しいですが、言葉って面白いもので、伝わったらうれしくてもっともっと頑張ろうっていう気になりますよね。
努力あるのみです!


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★

【2005/09/27 21:21】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『It's my shout.』
It's my shout.


これはオーストラリアやイギリス系の英語らしいですが、"It's my shout."で「ここは私のおごりです」と言う意味です。この場合、「shout=叫び」ではないので注意!


例①
A: Shall we go to that restaurant?
あそこのレストラン行かない?
B: Oh, but I do not have money right now.
でも私今お金持ってないんだ。
A: Don't worry. It's my shout.
大丈夫!私のおごりだから。


例②
I payed last time, so it's your shout today!
この前私が払ったから今日はあなたの番ね!


他にもいくつか「おごり」と言う表現があります。
"This is my treat." 「私のおごりです」
"It's on me." 「私のおごりです」
"The dinners on me." 「この食事は私のおごりです」
"Let me get this." 「ここは私が払います」
"Be my guest." 「ここは私が払います」


以上です、バラエティー豊かに使ってみてください♪


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★


【2005/09/25 21:27】 役立ち表現♪ | トラックバック(2) | コメント(7) |
『Your fly is open.』
Your fly is open.


今回の表現は日常会話にあまり役には立たないかもしれないですが、この間教えてもらったおもしろ表現をご紹介します♪


"fly"には「チャック」という意味があります。
"Your fly is open."は「チャック(社会の窓)があいてるよ」という意味になります。


人のパンツのチャックが開いていたけれど、そういう時なかなか恥ずかしいし指摘をしにくいよね、という話をNOVAで話しているときに先生に教えてもらいました(笑)。

知らなくても困りませんが知っていて損はないですよね(笑)。
実践する日が来るかもしれないし☆


ちなみに、パンツに限らず「チャック」といいたいときは、"chuck"と言っても通じないようです。
正しくは"zipper"と言います。どうも"chuck"は和製英語のようなので気をつけてください。


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★

【2005/09/23 21:54】 おもしろ表現 | トラックバック(2) | コメント(2) |
『Get on with life.』
Get on with life.


"get on with (one's) life"は、とても前向きな表現で、人を励ますときにもとても役立つ表現です。意味は「くよくよせず(くじけず)に毎日を生きていく」「人生前向きに進む」という意味です。


例①
A: How are you doing? You look really depressed.
どうしたの?なんか落ち込んでるみたいだけど。
B: I guess I am... I'm not over him.
そうかもしれない・・・まだ彼のことが吹っ切れてないんだ。
A: Get on with life, OK? Find someone else.
(くよくよしないで)元気出して!他の人みつけなよ。


例②
I should forget it and get on with life.
そのことはもう忘れて前向きに生きなくちゃね。


以上のような感じで使ってみてください。
くよくよせずに生きていきたいですね。


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★


【2005/09/21 21:50】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『I've had enough.』
I've had enough.


"I've had enough."は、あ~あもううんざりだなぁという時なんかに役立つ表現です。これは「もう十分だ」、「もううんざりだ!」「もうたくさんだ」という意味です★
簡単な表現なのでぜひ使ってみてください。


例①
A: How's your work?
仕事どう?
B: My job sucks! I've had enough. I think I'll quit!
最低だよ。もううんざり。やめようと思ってるよ。


例②
口論中に、
I've had enough (of this)!
(お前との口論は)もうたくさんだ!


例③
A: How long have we doing this?
もうどれくらいやってる?
B: About 6 hours.
6時間くらいかな。
A: We've had enough. Let's call it a day.
もう十分だね。今日は終わりにしよう。


※"Let's call it a day."以前紹介しましたが「今日は終わりにしよう。」という意味です。


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★
【2005/09/19 20:32】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(1) |
『10 o'clock sharp』
10 o'clock sharp


待ち合わせの時間など時間について話すとき、「~時ちょうど」とよく言いますよね。英語では"sharp"が「ちょうど」の意味になります★"sharp"は数字のあとにつけます。
"10 o'clock sharp."で「10時ちょうど」という意味です。


例①
A: What time shall we meet?
何時に待ち合わせしようか?
B: 10 o'clock sharp! Don't be late.
10時ちょうどね。遅れないでよ!


例②
The train leave at 11:30 sharp.
電車は11時半に出発する。


また他の言い方としては、"exactly"を使う言い方です。この場合、"exactly"は数字の前につけます。


例③
A: The plane will arrive at exactly 3:00.
飛行機は3時ちょうどに到着する。


以上です★


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★
【2005/09/17 21:06】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『That's life.』
That's life.


"That's life."は「人生ってそんなものだよ」、「しょうがない」、「世の中そんなものだよ」という意味です。世の中そんなもの、って言いたくなること日常たくさんありますよね。そんな時ぜひ使ってみてください★


例①
A: Today isn't my day... I'm so unlucky today.
今日はついてないなぁ。。。なんか今日はアンラッキー。
B: That's life. You have ups and downs.
人生そんなものだよ。ついてる日もあればついてない日もあるよ。


例②
A: The grass is always greener on the other side of the fence.
相手のものはよく見えるのよね(隣の芝はいつも青い)。
B: That's life. The thing someone has looks always better.
世の中そんなもんだよ。他人が持ってるものはなんでもよく見えるよね。


以上のような感じで使ってみてください。
あ~あ、人生そんなものだよね~なんて言う会話是非英語で挑戦してみてくださいね♪


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★



【2005/09/15 22:32】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(2) |
『Positive!』
Positive!

今回はちょっとシンプルな単語"positive"です。


「積極的な」や「前向きな」という意味でよく、"I'm positive."
「私は前向きなタイプです」という使い方をするのですが、"positive"には「自信のある」、「確信している」という意味もあります。


例①
A: Are you sure about this?
これは確かですか?
B: Positive!
間違いないよ!(自信があるよ)


例②
A: Do you know the way?
道わかる?
B: I think I do.
わかると思うよ。
A: Are you positive?
本当に大丈夫?
B: Yes, I'm positive!
うん、大丈夫!(確信しています)


こういった簡単な単語をいかに使うかが、ナチュラルな英会話の鍵といえると思います。


似たような表現として"I'm sure."や"Are you sure?"があります。


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★



【2005/09/13 21:48】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(4) |
『How did it go?』
How did it go?


"How did it go?"で「どうだった?」とある物事がどうなったかをたずねるときに役立ち、よく使う表現です!
これは応用がきき、「状況がどうなるか」ということを話すときに役立つ表現です。例えば、選挙の話をするときなんかにも役立ちます☆
"how it goes"で「それがどうなるか」というような意味です。


例①
A: Did you vote?
投票した?
B: I did. I'm really interested in this election. So tonight I'll stay at home to watch TV. Because I want to know how it goes.
したよ。今回の選挙はすごく興味あるから今夜は家でテレビを観るつもり。選挙がどうなるか知りたいしね。


例②
A: I had an exam today.
今日テストがあったんだ。
B: You did? How did it go?
本当に?どうだった?


例③
I want to know how the voting is going.
選挙がどうなってるのか知りたいなぁ。


以上の用に使います。
どうなったのか知りたいとき、尋ねたい時によく使い、便利な表現です。例③のように"it"を具体的な何かに変えてもOKです。


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★

【2005/09/11 21:22】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『Give it a shot.』
Give it a shot.

"give it a shot"で「試してみる」、「挑戦してみる」という意味です。
"Give it a shot."となると、「試してごらんよ」とか、「やってみたら?」という決まり文句的表現で、同じ意味で他の表現に"Give it a try."があります。


例①
A: I've never tried horseback riding.
乗馬ってやったことないなぁ。
B: Then, let's give it a shot!
じゃあ、試してみようよ!


例②
A: What's this?
これ何?
B: This is Natto. It's really tasty. Give it a shot.
納豆だよ。すごくおいしいんだ。試してごらんよ。


例③
A: Have you played cricket? It's really fun!
クリケットやったことある?すごく楽しいよ。
B: Oh, is it? I'll give it a shot.
本当に?試してみるよ。


このような感じで使ってみてください★


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★





【2005/09/09 22:18】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(5) |
『Rather you than me.』
Rather you than me.

これは、「人ごとでよかった」とか「自分でなくてよかった」という意味の決まり文句的表現です。ある物事をするのが、自分でなくてあなたでよかった、という状況や、そのことを自分はしたくないということを表現する状況で使います。


例①
A: I've got to go to the dentist to have a tooth out.
歯を抜きに歯医者に行かなくちゃ行けないんだ。。。
B: Rather you than me.
自分でなくてよかった。


例②
A: I'll try to run a marathon tomorrow.
私マラソンに挑戦するんだ!
B: Rather you than me. I can't possibly run that far.
私はいいわ(したくないわ)。あんなに長距離とてもじゃないけど走れないもん。


このような感じで使います。


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★




【2005/09/07 21:09】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『Come to think of it...』
Come to think of it...


これは何かを思い出したときに使う、「そういえば(考えてみると)」という意味です!"Now I come to think of it"の"Now I"を省略した形です。省略して使うことも多いですが、そのまま使うことも多いのでどちらでもかまいません。


例①
A: I saw Tom yesterday at the supermarket.
昨日スーパーでトムに会ったよ。
B: Did you? Come to think of it, I haven't seen him so long.
そうなんだ。そういえば、ずいぶん長いこと会ってないなぁ。。。


例②
A: She was really angry with you. You must have done something to upset her.
彼女なんか怒ってたよ。なんか怒らすようなことしたんでしょ。
B: Mm... I have no idea... I might have said something rude to her, Now I come to think of it.
ぜんぜんわかんないなぁ。そう言えばなんか失礼なこと言っちゃったかも。


そう言えば、、、と何かを思い出すことってよくありますよね。そんな時使ってみてくださいね。


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★



【2005/09/05 21:45】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(0) |
『That's a shame.』
That's a shame.


"shame"には、「恥」という意味がありこちらの意味を覚えている人が多いと思いますが、"shame"には「残念」、「残念なこと」という意味もあります。
これはよく使う表現で、"That's a shame."で、「それは残念ね」というような意味になります。


例①
A: I can't come to your party. I've got to work on that day.
あなたのパーティーにいけないんです。その日は仕事があって。。。
B: That's a shame.
それは残念だわ。


例②
It's a shame that you can't go to the trip because of work.
仕事で旅行に行けないなんて残念ですね。


以上です★ぜひ使ってみてください!


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★
【2005/09/03 20:49】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(4) |
『Keep at it. 』
Keep at it.

"keep at"で、「~を根気よくやる」という意味があり、"Keep at it."は、「頑張れ!」、「あきらめずに続けろ」という意味の相手を励ます表現です!なので、1回限りの事に対して「頑張れ」といいたい時にはこれは使えません(例えば、期末試験など、、、)。


例①
A: How was your TOEIC score?
TOEICのスコアどうだった?
B: 580. I can't get more than 600...
580だった。どうしても600点取れないんだよね。
A: Just keep at it. You'll get in the end.
あきらめずに頑張れ!そのうち取れるよ。


例②
A: I've been trying to fix this. But I can't find what's wrong with it.
これ直そうと思ってるんだけど、どこが悪いのかさっぱりわかんないよ。
B: Well, you've got to keep at it. Good luck!
まぁ、あきらめずにやるしかないんじゃない?頑張れ!


以上のような感じです。
誰かを励ましてあげてください★


↓参加しているランキングサイトです!ご協力お願いします♪
みんなの英会話奮闘記


英語&留学TipS.comもよろしくね★
【2005/09/01 21:22】 役立ち表現♪ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |


★ランキングに参加しています★
↓よければクリックお願いします♪
英語学習 ランキング


↓こちらも英語学習者にはとっても役に立つサイト!
みんなの英会話奮闘記

entries

comments

trackbacks







↓無料検索エンジン登録代行 検索エンジン登録なら無料登録ドットコム!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。